2007年12月27日

今日は悲しい報告です。

Mimiが大事にしていたヒドジョウのキドウジョさんが死にました。

昨夜、異変に気がつきすぐに隔離しました。

ヒゲが垂れて、体には白いふわふわしたものがまとわりついていて片方の目がにごっていました。

それでも必至に生きようとしていました。

昨夜は「キドウジョさん、ながいきさせてあげれなくてごめんね。」と、すすり泣くMimiの声が2時過ぎまで聞こえていました。

今朝、大木の根元に大好きだったえさと一緒にキドウジョさんを埋めました。

短いあいだだったけど、キドウジョさんと過ごした日々は楽しかったよ。

安らかに眠ってね。

at 08:43│コメント(13)ドジョウ │

この記事へのコメント

1. Posted by なおこ   2007年12月28日 07:23
分かっていてもペットが先に逝ってしまうのはどうしようもなく悲しいですね。
動物の命を粗末に扱うひとをなんだかよく見かけますが、自然に心から動物を大事に出来るMimiちゃんと尚美さんに心が洗われる気分です。
キドウジョさん、ご冥福を祈ります。。
2. Posted by にゃんチュー   2007年12月28日 18:08
別れは辛いですね。
僕も亡くなったカメを埋めるときはなんともいえない気持ちになりました。
3. Posted by 悲しいね   2007年12月28日 21:59
生き物との別れは必ず来ることわかっているけど
悲しいよね。こんなに大切に思ってくれている人が
いてしあわせだったことでしょうね。とっても貴重な体験でしたね。
命の尊さを学んだことでしょう。
4. Posted by タロウの母   2007年12月28日 22:00
↓悲しいね!は私です。またやっちゃいました!スミマセン。
5. Posted by 尚美   2007年12月28日 23:33
なおこさん
私のせいでドジョウの死期が早まったのは事実です。弱っていたときに適切な処置をすべきでしたが、その知識のなさのせいでドジョウを苦しめたような気がします。
今でもえさを食べに来るときのかわいい顔が脳裏を掠めて辛いです。
6. Posted by 尚美   2007年12月28日 23:36
にゃんチューさん
にゃんチューさんもお辛い思いをされましたね。やはり一緒に暮らしたペットを喪うと辛いです。命の大小にかかわらず、ドジョウも我が家にとっては一緒に暮らした家族のような存在でした。
7. Posted by 尚美   2007年12月28日 23:39
タロウの母さん
やはり動物の死に向き合うには子供はまだ小さすぎるような気がしました。ドジョウの最後を看取るときもなかなかドジョウの前に来ませんでした。ドジョウは最後にぐるっと泳いでくれましたが、まるで元気な姿を覚えておいて、と言っているようで余計に悲しさを誘いました。娘は残された一匹のドジョウを今はとても大事にしています。毎日、大木の下に眠るドジョウに手を合わせています。
8. Posted by kobatye   2007年12月29日 09:38
ペットの死を看取るのは大人でも
辛いですよね。Mimiちゃんも
辛い経験になったでしょうね。
でもMimiちゃん、とても心優しい子
なんだなと感動しました。
自分が同じ年頃には動物の死というものが
よく分からなかったと思いますし
泣くことも無かったように思います。
辛い経験になったと思いますが
その優しい気持ちをいつまでも
大切にして欲しいと思います。
9. Posted by 尚美   2007年12月30日 11:25
kobatyeさん
優しいメッセージをありがとうございます。娘はだいぶ元気を取り戻しましたが、やはり寝る前にはキドウジョさんのことを考えて泣いてしまうらしくなかなか寝付けないようです。自分がちゃんと世話しなかったので死んだと思っているようです。
毎日私と一緒にキドウジョさんのお墓に手を合わせています。
命は尊いものだということをキドウジョさんに教えてもらいました。
10. Posted by ケイティママ   2008年01月01日 19:49
生き物を飼っていて、一番悲しいのが別れです。 キドウジョさんのご冥福を心からお祈りいたします。
Mimiちゃんは優しい女性に成長すると思います。 今でも十分優しいお子様だと思いますが。
11. Posted by 尚美   2008年01月02日 09:09
ケイティママさん
生き物から学ぶことは計り知れませんが、亡くしたときの辛さは言葉になりませんね。この辛さには一生慣れないと思います。
キドウジョは大きな木の下に眠っていますが、その木は家のどの部屋からも見れます。この木をみるたび家族全員キドウジョのことを思い出せるようにしました。
12. Posted by とも   2008年01月02日 12:11
小さな命を大切に思うMimiちゃんの気持ちを考えると涙がでます。
キドジョウさんきっと天国から
Mimiちゃんを見守っていてくれると思います。
13. Posted by 尚美   2008年01月04日 21:31
ともさん
ありがとうございます。娘はペットへの情というか生き物への情が深いと思います。年末は家を離れて遠くで過ごしましたがやはり夜寝る頃になるとキドウジョのことを思い出すのかすすり泣いていました。自分がちゃんと面倒をみれなかったから死んだ、と思っているようです。年が明けてだいぶ元気になりました。これからはドジョウの生態など一緒に勉強してドウジョにとって最高の環境を整えてあげたいと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字