2006年04月

2006年04月29日

↓とても不思議なゲッコーがいた。木の色に同化するばかりか、体の皮をびろ~んと伸ばして木になりきってしまう。恐るべしホワイト・ゲッコー。フラッシュをたいたら、慌てて顔を上げたけど、あげる前は大きな目も閉じていたのでまったく存在に気付かなかった・・・・。
whitegecko.jpg


↓こちらはヘビたち。カラフルでキレイ。たくさんのリボンが並べて売られているみたいだった。
snakes.jpg


こちらはテグーの子ども。お店の人にひょいっ、と渡されずっと抱いていた・・けど、案の定色々なお客さんから質問攻めにあって大変だった困った ずっと私の手をなめていた、小さなテグーくん。ヘビともトカゲともつかないなんとも不思議な動物。かわいいけど、ご飯は生きたネズミ・・・ダメ
tegu.jpg


at 10:27│コメント(4)

2006年04月28日

↓こんなのもいた。最初みたときにはいっぱい居たのに、帰るころには一匹になっていた。意外と売れるみたい。
longneck.jpg


↓上はSnapperの子供。小さいころは意外とかわいい。これもあっという間に売れた。
snapper.jpg


at 22:24│コメント(10)

2006年04月27日

毎回大放出種というのが決められていて、前回はアカアシが大安売りされていた。今回はヒョウモンだったみたい。いくらで買ってもかわいさは同じなんだけどね。

↓野生固体のヒョウモンたち。野草をはぐはぐ食べている。甲羅がつるつるできれいだった。13~17cmくらいの仔がおおかった。この中の一匹(左列の真ん中)と目が合ってしまいあやうく買いそうになった・・・。輸出ライセンスの申請から取得まで三ヶ月。ってことは・・・あぁ、あと一ヶ月くらいここに長く滞在できれば買えたのに・・・。それにしてもキレイなカメだったなぁ~。残念悲しい
leopard.jpg


↓こちらは甲羅に値段が貼られていた・・・・。すべてCB。
leopard2.jpg


at 11:09│コメント(8)

2006年04月26日

また行ってしまった。行っても買えないのに、また行ってしまった・・・。3ヶ月ぶりとあって大雨中、この人だかり。結構見た目ヤバそうな人も多い(->自分がは虫類になっちゃってるとか・・・)。まずはビビリながら会場の視察。手前は活きえさを求める人たち
reptileshow.jpg


まずは今回一番のお気に入り、ビルマ山ガメくん。顔も平たい甲羅も色もフィギーにそっくり。でも足がケヅメ。野生固体らしく、小さいのにものすごい力。撮影のために持ちあげてくれた大きなケヅメ(ブログ前出)の飼い主さんの手はこのあと傷だらけに・・・。ゴメンね・・。
birmamountain.jpg


at 11:33│コメント(8)

2006年04月25日

ちょっと早いけどフィギーに私からプレゼントを贈った。フィギーを買った店はもう無いので正確な誕生日はわからない。だからフィギーを家に迎えた7月10日を誕生日とした。

フィギーはペットショップではよく扱われていなかったのが、家に連れ帰ってよくわかった。何の知識も無いまま最悪の健康状態のカメを買ってしまったと今になって思う。家に連れ帰り芝生に放したらすごく怖がってすぐに甲羅に入ってしまった。多分外に出してもらったことが一度も無かったのだろう。うっかり太陽を直視してしまい、いきなり涙をぼろぼろこぼしたこともあったし。餌も固形以外はまったく与えられていなかったようで、あのうんち量からすると恐らく数週間ひどい便秘状態だったに違いない。水分不足に運動不測は二三日で改善されたけど、偏食に関しては今も悩むところだが、飼育当初固形餌しか食べようとしないカメに最初に与えたのがイチジク(Figg)。大喜びで食べた日のことは今でも覚えている。それで名前までフィギー(Figgy)にした。それから9ヶ月、やっと庭に生えている雑草をついばむまでになった。初めてのリクガメ飼育に試行錯誤の毎日。でも、ペットのいる暮らしにはこんなにも笑いがいっぱいだということはフィギーに教えてもらった。だから、私からフィギーに大きなプレゼント。タンクは120cm。子どももすっぽり入る大きさだ。水浴び用の皿はグラナイト製。かじっても飲み込んでも体に害はない。床材は半分木材で半分爬虫類用オーガニックの培養土。たまに土を食べるのでやっぱりオーがニックにこだわった。トンネルはかなり気に入ってるので前使っていたものをそのまま入れた。

タンクのそばにそっとフィギーを置いたら臭いをかぎながらゆっくり一周した。見慣れないものがあると必ずフィギーはまず臭いをかぐ。タンク前面のスライド式のドアから出入りが出来ることを教えるために、ドアを開けるところをフィギーに見せて、そこからそっと入れてみた。とにかく床の臭いを一通り嗅いでタンク内を一周。まだ距離感がつかめないらしく、タンクに何度も激突したけどまたタンクのドアから居間に出てきた。居間を一周し、またドアからタンクの中に戻っていき、トンネルのおうちにたどり着き深い穴を掘ってやっと就寝。

今日はやたら鳴く。タンクに帰ってから「ぐわっ、ぐわっ」という鳴き声がまだ聞こえてくる。これは明らかにフィギーが嬉しいときに出す声だと思う。

newhouse.jpg


at 09:54│コメント(6)