2009年01月11日

今年の正月は田舎に帰らず東京で過ごしました。

元旦は王子の実家で王子のお姉さん家族と伝統的なお正月をお祝いしました。
osechi1.jpg

「何を食べようかな~笑い」食いしん坊その1・その2はおせち料理を見る目が真剣です。

そのあとは歯磨きをして着物に着替えて土橋神社に参拝に行きました。

神社といえばおみくじ(そーだろーか)今年を占う運試しです。
今まで大吉しか引いたことのないみーは『小吉』にがっかりでした。

「小吉かぁ・・・悲しい
mimiinkimono.jpg


大吉を引いたのは10人中なんと王子だけでした。今年は何かいいことあるかなぁ~気合いを入れて買った年末ジャンボも外れたことだし・・

いいことと言えばこんなこともありました。

突然我が家に巨大な箱が届きました。

でかっ
vegi1.jpg


親子で味覚狩りのスタンプラリーに参加した際、送ったハガキで当選したようです。

中身は・・
vegi3.jpg

箱の底には巨大な大蔵大根も入っていて、とても冷蔵庫に入る量ではありません料理幸い寒いので庭に出して保存しました。

そして今年も全員で山中湖に行きました車車車1月3日の富士山です。ど~ん
mtfujireseized50-25.jpg


頭が真っ白でいかにも寒そうな富士山ですが一年の初めに見るとシャキ~ンと身がひきしまります山

今年の干支は牛。と、いうことで牛とも触れ合ってきました。
cowandmimi.jpg


牛はなかなか人になつかないそうですが、この仔はとてもひとなつこくMimiと相性ばっちりでした。モ~ちょっと小さければペットとして飼ってみたいな・・・くらいかわいかったですラブ

あ、もちろんフィギーも元気です。天気のよい週末は少しだけ外に出してあげます。
figgy2.jpg


なんだかフェンスの陰のせいで甲羅に不思議な模様ができていますが、寒くても屋外が大好きなフィギーです。

こんな私たちですが今年もよろしくお願いします。

at 18:22│コメント(14)

2008年08月22日

更新が滞ってしまいましたすいません暑い夏もそろそろ終盤ですねダッシュ

今年も行ってきました山中湖。

                  ど~~ん
0821fuji.jpg

いや~美しいです山「日本人に生まれてよかったぁ~」と、思います。

今回も両親に連れて行ってもらったのですが、それぞれ山中湖に行く目的が違うようで(苦)今回はばらばらに行動しました。

まず一足先に現地入りした「グルメ&観光班(私も含む笑顔)」料理

『癒しの里』でこんにゃく懐石ア~ンドブルーベリー食べ放題。
0821iyashi.jpg

0821blueberry.jpg


その後は涼を取りに『氷穴』へ。目的地に到達するまではこんな感じで
ちょっと大変でした。
0821cave1.jpg


さらに進むと・・・氷の壁で~す。
0821cave2.jpg


この日下界の気温は34度。そしてこちらはマイナス二度。って寒すぎるやないか~い(髭男爵風)乾杯
0821cave3.jpg


さらにリリーパークへ車 一面ユリ、ユリ、さらにユリ~
0821lilypark.jpg



そして
『アクティブ班』は・・・
0821golf.jpg
 王子念願のゴルフ(涙) このコースのグリーンは素晴らしいですOK

こちらは『自宅でまったり班』

「はぐはぐはぐ・・うまっ、うまっ。」
0821figgypapaya.jpg

完熟のパパイヤは最近のお気に入りのようです。

そして今日8月21日は王子の誕生日ですプレゼントせっかくなので浴衣姿を撮影してみたところ・・・



尚美:「天津木村みたい。」

王子:「誰だ、ソレ!?(夫はお笑いにうといです)

Mimi:「吟じます。とか、言いそうだよね。」

尚美:「ギャハハハハ・・・(涙)」

王子:「何がおかしいの!?!?」

まぁいいでしょう。笑いたい人だけ笑ってくれればそれでOKです。

玉川の花火大会なんかもありました。
0821fireworks.jpg


せっかくなので家族三人で浴衣ででかけました。
                   撮影:Mimi タイトル『仮面夫婦(爆)』

私の着ている浴衣は75年前のものです。祖母が娘時代に着ていた物ですが保存状態もよかったので母が何度か着て、そのあとは私が愛用しています。

今は亡きじいちゃんとこの浴衣で夏祭りに行ったのかな~などと考えてしまいました。

at 10:31│コメント(18)

2008年08月05日

前回の日記の旅行の時にフィギーをどうするか迷いました。

いつもフィギーを預かってもらっている両親も今回は一緒に旅行なので、家に置いていく決心をしました家

猫よけ、カラス対策はばっちりで二泊三日の旅行から帰ってくると・・・・
0805ate1.jpg

「あ~~~ん(T T) 大事にしている観葉植物は食べちゃダメだよ~」

0805ate2.jpg

「おいしいのはわかってるけど、食べちゃだめだってばぁぁぁぁ(T T)」

葉についた口の形から、犯人がフィギーなのは分かっています。代謝があがるので夏場はなんでも食べます。食べて欲しくないものまで食べてしまいます。

           「ン!?文句ある?」
0805figgy.jpg

庭に出すとちょっと野生化するのでしょうか、目つきも怖くなり動きもフィギーと思えないほど俊敏になります。

ブルーベリーも今年はちょっとしか結実しませんでしたが、フィギーの陰場つくりとしては大活躍です。
0805blueberry.jpg


でも一番のお気に入りの場所はここです。
0805bigtree.jpg

大木の下は涼しいのを知っているようです。


猛暑の中、カメともさん3人とともにJRSに行ってきました走る走る走る走るダッシュ

100枚近く撮影したにもかかわらず、うっかり画像を消してしまうという
オバかなことをしてしまいなかり凹んでいましたが、
携帯で撮った何枚かがかろうじて残っているのでこちらで気になった動物たちをご紹介します。

きれいなビルマの幼体ですキラキラ
0803burma.jpg


ぽぽちゃんでおなじみのフクロウさんです。
0803popo.jpg


夫に交渉を何度も試みた巨大なアカアシガメ(♀)です。
0803redfoot.jpg


結局機材やカメの本など買い込んで岐路につきました。

そんな私ですが、髪を切りました。山田優風にしてほしかったのに(そもそも無理な注文困ったしかも年齢ざっと倍のくせにドクロ)、どこから見ても貞子だよ・・・幽霊 


at 10:40│コメント(17)

2008年07月31日

10年前から計画していた旅行がついに実現しました笑顔

登山が好きな私の父ですが、王子の両親も登山が好きでいつか一緒に北アルプスに登りましょう、とずっと楽しみにしていました。

しかし、父の病気、私の病気、8年に及んだ私たちの海外転勤などなかなか登山は叶いませんでしたが、このたびようやく登ることができました山

金曜の朝東京から車で富山県立山市に向かい、そこからケーブルカーとバスを乗り継いで室堂まで行きました。

室堂から徒歩30分くらいの場所にある山小屋で一泊しました。翌朝登頂を目指します。

山小屋は意外と快適で夕食もおいしく頂きました料理

           「たくさん食べないと頂上までいけないよ~(じいじ)」
tateyamayamagoya.jpg


翌朝は7時に出発です走る

tateyamasnow1.jpg

じいじによると今年は雪が多いそうです。雪渓は意外と歩きづらいです。でも王子はなぜか半そで・・・・この人は寒くないみたいです。

意外となだらかに見えるこの山も実際に登ってみると・・・・
tateyamaoyama2.jpg


こんな感じです。直立歩行できるのはこのあたりまでで、ここからさきは両手を使って登ります力こぶ
tateyamaoyama.jpg


途中可憐な高山植物が出迎えてくれるのも北アルプス登山の醍醐味です。

ウルイ科の植物で通称『雪山ギボウシ』です。肉厚でおいしそうです料理
tateyamahosta.jpg


名前は忘れましたが、山のあちこちで咲いていました。
tateyamasflower.jpg


こちらも名前を忘れてしまいましたが、ピンク色が可愛らしかったです。
tateyamasflower2.jpg


山の楽しみと言えば、クッキング~です音符お湯もあっというまに沸きます。
tateyamacooking.jpg


下山した後は、日本海が一望できるホテルで宿泊し海の幸に舌鼓をうちました。

前菜から始まったコース料理ですが、冷たいおうどんからはじまる珍しい食べ方です。田舎のほうではよくあります。
0101iso.jpg


もしかして、もしかして・・・と思っていたら私の苦手としているものも出てきました。
0101awabi.jpg

あわびですが、生きていますドクロ私は生きている食材が苦手ですが、遠くに持っていってもらい調理してもらいました。あわびはかわいそうでしたが、味は最高でしたまる

登山で消費したカロリーを一気に補充した今回の旅行でした。

その間フィギーはというと・・・お庭でお留守番していました。フィギーの様子は次回の日記で更新します。

at 09:43│コメント(6)

2008年06月30日

先日母からすばらしい提案がありました。

「尚美さん、浜名湖のほうに亀の産卵を見に行きませんか?」

えっ!?浜名湖の方に亀キラキラ!?

もちろん二つ返事で亀を見に行く運びとなりました笑顔

前日に浜名湖畔のホテルに到着し、翌朝に備えました。

は3時半起床で、4時に出発しました。

朝早すぎたせいか皆ちょっとだけ意識が朦朧としています。Mimiは

「今日はぜったいに浦島太郎に会えると思う。」

と真顔で言っていました。寝ぼけています。

眠い目をこすりつつバスに乗り込み砂丘に到着しました。

サンクチュアリー・ジャパンの人に先導されて、海浜植物のことなど色々説明を受けながら、3キロの砂浜を歩きました。

こんな海浜植物が生えていました。新種のブロッコリーのようです。
plants.jpg


とうとう見つけました。カメの足跡です足跡
0630beach2.jpg


その足跡は砂浜へと伸びていました。

ここが産卵場所のようです。
0630beach.jpg


指導のもと掘り始めてみました。長年の保護活動の経験からすぐに卵のありかはわかるようです。
0630eggs.jpg


壷のように60cmの深さに掘った穴に卵がたくさんありました。

参加者にも掘らせてくれました。

まずはMimiが掘っています。「割らないようにそ~~っとね。」
0630mimisearchegg.jpg


無事に取れました笑顔「わ~い!カメの卵はじめてさわったよ。」
0630mimiegg2.jpg


私も採取に挑戦してみました。「よいしょっ汗(→オバさん)」
0630naomisearchegg.jpg


まん丸な卵ですキラキラ
0630egg.jpg


掘り出したばかりの卵はまだ温かくやわらかく押すとあちこちへこみますが、へこむことで産卵時の落下の衝撃をやわらげているそうです。

王子もゲット笑顔 「ふ~ん。ピンポンだまみたいだね。」
0630takeshiegg.jpg


この日は104個のアカウミガメの卵を採取しました。この卵たちは盗難や野生動物からの保護のために鍵付のケージに移され穴に埋められます。
0630104eggs.jpg


この卵から孵化した亀は8月下旬、再びイベントに参加した人たちの手で海に戻されるそうです。小亀たちが成長し再び産卵にこの砂浜にもどってくるのは20年後だそうです。

親亀には会えませんでしたが、真夜中に産卵に上陸するそうです。人影を見ると逃げたりするらしいので、産卵は見れないそうです。

次は小亀に会いたいな・・・と、(ずっと運転担当だった王子以外の)参加者全員が思ったイベントでした。


at 12:11│コメント(14)